デトックスコラム

腸内のお花畑、腸内フローラを整えよう!

腸内フローラという言葉聞いたことがあると思います。
蒼井優ちゃんがCMで言っていたり、最近ではテレビ番組でも取り上げられるようになりましたね。

 

腸内フローラとは、腸内に生息している細菌たちのことです。私たちの体内には、100種類以上の細菌が、およそ100兆個も生息しています。これらの腸内菌が、種類ごとにまとまりをつくって、びっしりと腸内に壁面をつくっています。その様子が、まるで植物が群生している花畑の様子にたとえられるので、「腸内フローラ」(腸内細菌叢/ちょうないさいきんそう)と呼ばれているのです。

腸内フローラに生息している細菌の種類は、人によってまったく違います。また、腸内フローラの状態は、年齢や生活習慣、ストレスなどによっても変化していきます。腸内フローラ内の腸内菌を大きく分類すると、ビフィズス菌などの、からだにいい善玉菌。

ウェルシュ菌などの、腸内を腐らせたり、有害物質をつくったりする悪玉菌。善玉でも悪玉でもないけれど、体調が崩れたときに悪玉菌として働いてしまう日和見菌の3種類に分かれます。健康な人の腸では、善玉菌が悪玉菌を抑えて、腸内フローラのバランスが保たれていますが、これが、何らかの原因で悪玉菌が優勢になってしまうと、腸内腐敗が進んで、健康に悪影響を及ぼす物質が増えることになります。これらの物質が腸管から吸収されてしまうと、やがて肝臓、心臓、腎臓などにも負担を与え、老化を促進させたり、癌をはじめとする、さまざまな生活習慣病の原因になってしまうのです。

 

腸内フローラを整えて、腸内環境を良好に保つには、どうすればいいのでしょうか?
お花畑が荒れてしまう原因となるのは、肉食型の食生活。それにジャンクフードやファーストフードを食べることです。動物性脂肪や、動物性たんぱく質を多量に摂る食生活では、健康に欠かせないビタミンや食物繊維、ミネラルなどの栄養素が不足してしまいます。

とはいっても、今すぐに食生活をガラリと変えるのは、むずかしいですよね。次に挙げることを、少しだけ注意してみてください。ひとつめは、添加物の入っている食品は、なるべく避けること。ふたつめは、塩分を摂りすぎない、食べ過ぎないこと。最後に、アルコール、たばこの大量摂取をしないことです。

それから、「まごわやさしい」の食材を食べるようにすることです。「ま」は大豆などの豆類、「ご」はごまやナッツ類、「わ」はわかめなどの海藻類、「や」は野菜、「さ」は魚、「し」はしいたけなどのきのこ、「い」はイモ類です。からだにやさしい食材をとることで、腸内のお花畑を元気にしましょう。

関連記事

  1. 良質な睡眠

最近の記事

  1. W.C.も歓迎
  2. 効果バッチリ!コトハスティー
  3. 下剤をつかっていた
  4. 便秘で肌荒れ
  5. 利尿作用もあり
PAGE TOP