デトックスコラム

デトックスティーで解消!便秘で増える悪玉菌のデメリット

美容や健康の話でよく登場するのが「善玉菌」と「悪玉菌」です。
善玉菌と悪玉菌は私達の腸内で活動していて、カラダに色々な影響を及ぼしています。
この菌のバランスが崩れると、便秘を始めとしカラダにとって色々なデメリットを生み出してしまいます。

悪玉菌のデメリット

私達の腸内には100兆個以上の菌が住んでいます。その内訳は「カラダに良い働きをする善玉菌」「カラダに悪い働きをする悪玉菌」そしてどちらでもない日和見菌です。
通常ではこの3つの菌がバランス良く腸内に共存していますが、そのバランスが崩れ悪玉菌が増加してしまう場合があります。

悪玉菌が増えると腸内がアルカリ性になり様々なデメリットをもたらしてしまいます。

・免疫力が低下して病気にかかりやすくなる
・腸のぜん動運動を弱め便秘をもたらす
・肌荒れや口臭、腹痛を招く
・太りやすいカラダになる
・大腸ガンのリスクが高まる

このように悪玉菌は様々なトラブルや病気の引き金になっています。
便秘や肌荒れなど、女性にとって身近に悩まされているトラブルの原因にもなっているのですね。

 

便秘を放っておくと負のスパイラルに!


悪玉菌の多い腸内は運動する力が弱くなってしまうため便秘に繋がります。
しかし、そもそもこの悪玉菌が増加してしまう原因の一つに便秘があります。

一度便秘になると、食べたものが腐敗して有毒なガスが腸内に溜まりやすくなります。そしてこの環境が悪玉菌を増やしていくのです。悪玉菌が増えると、今度は悪玉菌が毒性のガスを発生させ、腸の働きを悪くする事で更に便秘が酷くなります。

このように便秘と悪玉菌は密接な関係があり、便秘を放っておくと負のスパイラルになりどんどん便秘になりやすい体質になってしまいます。
そのため、悪玉菌を抑えると共に、デトックスティーなどを生活の中に取り入れて便秘解消も一緒に行う事が大切です。

 

悪玉菌を増やす生活習慣


便秘も悪玉菌を増やす原因の一つですが、他にも生活習慣により悪玉菌が増えていきます。
悪玉菌はたんぱく質や脂質を栄養源にして増えていきます。そのため、肉を食べる事が多く反対に野菜やきのこなどをあまり食べない人は要注意です。
バランスのとれた食事を心がけ、ヨーグルトや納豆など腸内環境を整えてくれる食べ物を摂り入れていきましょう。

そしてストレスが多い生活も悪玉菌を増やす原因となっています。過度のストレスは消化液の分泌を抑制し、善玉菌よりも悪玉菌が生きやすい環境に腸内を変化させてしまうのです。
規則正しい生活、リラックスした生活を心がけて便秘にならない腸内環境を目指しましょう。

関連記事

  1. デトックスティーではつらつトイレ
  2. 便秘にヨーグルト
  3. 今大人気のグラノーラ
  4. デトックス アーユルヴェーダ

最近の記事

  1. 毒素があったなんてゾッとしました
  2. 家族もハッピー
  3. ホットでもアイスでもおいしい
  4. 三拍子そろってハナマル
  5. うれしくて感想かいた
PAGE TOP